万屋悶

【メニュー1】

今度の東京オリンピックが開催される年に、悶助は「還暦」を迎えるという、気の遠くなる事と成るわけです!今までの人生は、大文字級の山あり、谷あり、また谷あり、またまた谷あり、更に谷あり、もういっちょオマケに谷ありと!結構、面白い人生を、浮上機能が故障した原子力潜水艦がマリアナ海溝を進むが如く送って来ました!

そこで得た実体験をもとに、ここでプチ情報的な物を独特の表現(著作権や肖像権等、ややこしい事にひっかからないよう、全て文章にて表現する意味です)で、お送り致します!最初は、ご挨拶まで!

*************************************************************

【メニュー2】

もし、大阪に来て、更に京阪淀屋橋駅界隈に降り立った時は、「MJB珈琲店 淀屋橋店」を覗いてみて下さい。御堂筋通と土佐堀通との交差点(淀屋橋の手前ですね)南西角辺りのビルの地下に有ります!昭和60年、仕事の関係で役所廻りをしていた時に、最後に立ち寄るのが「MJB珈琲」でした。珈琲が好きで、更に昭和レトロの雰囲気を味わいたい人には、お奨めの喫茶店ですよ。

*************************************************************

【メニュー3】

」と言えば、関西では「」、関東では「」っと成ってますね。「焼肉定食」は、関西では「牛肉」ですので、関東の「焼肉定食」が豚肉なので、これが欲しい時は「豚生姜焼き定食」と成ります。一番解りやすいのは、関東では「肉饅」と言いますが、関西では「豚饅」と言います。「トコロテン」は、関東では暑気払いの意味も有って「三杯酢」とカラシ&刻み海苔ですが、京都では「黒蜜」の甘味と成ります。麺も、昔は関西は「うどん」が主流、関東では「そば」が主流でした。ですから、関西では「うどん屋」さんの中で「そば」が、関東では「そば屋」さんの中で「うどん」が、小さく成っておりました。「鰻」の関西の「腹開き」の焼きのみで作っていくのに対して、関東では「背開き」の一旦蒸してから焼に入る事は有名ですね!でも、どちらでも、美味しい物は美味しいのですよ。

*************************************************************

【メニュー4】

関西と関東には、2大テーマパークがおます!「ユニバーサルスタジオ・ジャパン」と、「ディズニーリゾート」ですね!私は、前者には45回以上、後者には17回(内、シーには13回)行ってますが、意外な共通点が有ってね。それは、「ターキーレッグ」が、両方共に美味しいという事です!共に、店舗の入れ替わりは有りますが、この「ターキーレッグ」だけは、ズーっと一定の味を持って生き抜いていますな!

*************************************************************

【メニュー5】

前回に、USJが出た序でに、今回は「そうそう!」っと思える事を!今、「ワンダーランド」っと呼ばれているエリアには、嘗て「えっ?」っと思える様なエリアが有ったんですよ!私は、オープン当初(2001.3.31オープンのあの頃は、チケットブースでは当日入場券が完売続出で、事前にJR駅のみどりの窓口等で入手していくのが常識でした!)から、「ワンダーランドエリア」が出来る時期前後と、「ハリーポッターエリア」が出来る前後とに年間パスを買って怒涛の如く行ったわけです!

この間に、二回内容が変わっていたんですよ!最初は「ウエスタンエリア」です!えっ?何処かで聞いたな?っと思われた貴方!DSですね!「ウエスタンランド」みたいな物が、嘗てUSJジャパンにも有ったんですよ!それが、そっくり作り替えられて出来たのが「ランド・オブ・オズ」です!これは、「オズの魔法使い」をテーマにしたエリアでした!私が年間パスを買って行きだした頃、「10周年」が近づいていたんですが、「スヌーピー」の横に工事用の壁が出来て、確か「10周年記念行事云々」という知らせと共にエリア封鎖の告知がありましたんよ!おそらく、この頃から「ワンダーランド」作成に入っていたんでしょうね!

この事は、ウキペアにも載ってますし、「NAVERまとめ」へ行って「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに昔あったエリア・アトラクション・パレードまとめ」っで検索すると詳しく載ってます!興味のある方は観てみて下さい!面白いです!

*************************************************************

【メニュー6】

よ~く考えたら、あまり健康には良くないかもしれないが、思わず作って食べてしまうという料理(う~ん!厳密には言えないかも?)に、「熱御飯にマーガリン(経済的余裕が有ればバター)を混ぜ込み、チリメンジャコを混ぜ込み、醤油で味付け」した混ぜご飯がおます!濃い味がお好きなお方、一度挑戦してみて下さい!

*************************************************************

【メニュー7】

私が住んでいる京都市内!イメージ的には「?」っと思われる事に、意外と「パン好き」&「濃い味好き」が有ります!これは、某テレビ番組でも紹介されましたが、朝食がパンというお宅が多いのです!また、パンの年間消費量も関西でもトップクラスですし、全国でも上位ランク入りです!そして、パン屋さんが老舗&ニューフェイス問わず、結構アチコチで見かけるんですよ!京都市民は、食パンはこの店、惣菜パンはこの店、御菓子パンはこの店っと、結構拘りがあるんです!

「濃い味」と言えば、先ずピンと来るのが「ラーメン」!確かに、大阪に比べたら店舗数では差が有りますが、アッサリ系からコッテリ系まで、これまたパンと同様に老舗&ニューフェイス問わず、それぞれのお店で特色を出しながら賑わってます!有名店(本店)が、完璧に隣同士で並んでいるという場所も有るんですね!良く聞かれる「激戦区」が、繁華街じゃなくて、意外な場所にポツーンっと存在しているのも特徴ですかね!さあ、京都市内に観光に来られて時には、パン屋さん&ラーメン屋さん巡りするもの楽しいですよ!

*************************************************************

【メニュー8】

昭和レトロと言いますか、嘗ての学生運動が有った時代の雰囲気と言いますか、独特の雰囲気の店舗が姿を消していく中、家の近くに有る「まほろば」というBarと居酒屋と喫茶店と昭和が入り混じったお店が有ります!昔、京都市内の穴場的Barを紹介する本が出まして、そこに載ってたんでBarと思ってますが、外観&店内はフォークギター片手にラーメンすするみたいな良い味を出してます!お酒も豊富、料理も意外(マスター御免!)にも美味しいんですよ!さあ、リーサーチ!ヒントは、下鴨神社・川端通・高野橋・蓼倉橋ですな!

************************************************************

【メニュー9

思い起こせば、私が4歳の頃、ディズニー映画「ファンタジア」が劇場公開されていて観に連れて行って貰った時からのミッキーファンと成ったんです!でも、当時(昭和39年)は、ミッキーグッズは周囲には売って無くて(まあ、真空管時代ですからね!)、ズーっと「隠れミッキーファン」として地中に潜っていたんですよね!それが、あの「ディズニーランド開園」で一気に大噴火!初来園はオープンから3年後!初めて「シンデレラ城」を観た時、26歳にも成ってましたが「あっあっ熱いものがこみ上げて」きたわけですよ!その後は、2年前まで事ある度に行ってました!では、個人的独断と偏見を持って「特別メニュー」と致しまして、コッテリと語っていきたいと思います!

★プロローグ★

 

行きだした頃は、まだ「舞浜駅」は無くて、確か東西線「浦安駅」から送迎のシャトルバスに並んで行ってました!そして、今では当たり前に成ってます「パスポート」も無くて、「A券」とか「B券」と言う値段に依って乗れるアトラクションの搭乗券に差が有るチケット式でした!「舞浜駅」とパスポートが登場してからは、随分と楽になりましたよ!過去に、ランドは17回、シーには12回以上行ってますが、中でも史上第一回目の「シルバーウィーク」を利用した3泊4日のリゾート行きは圧巻でした!後数千円足したら海外旅行へ行ける金額でしたね!「4デーマジックパスポート」は、二度とご縁が無いと思いますな!では、皆さまに「悶助に依る、独断と偏った思考に依る、ディズニーリゾート情報」をお届けしていきましょう!

★ディズニー直営ホテル★

 

 

さて、宿泊施設でおますが、一番最近に出来た「東京ディズニーセレブレーションホテル」には、未だ行ってませんが、その他の「アンバサダーホテル」・「ホテルミラコスタ」・「ディズニーホテル」には泊まりましたな!まあ、予算の関係でご家族や複数人数では、なかなか根性が要りますね。でも、一度は泊まってみたいものですね。

個人的には、「アンバサダーホテル」が一番好きですな。まあ、ランドの入場ゲートには少し距離が有りますが、最初に出来たホテルですから「根性」が入ってますな!「落ち着いた気品と豪華さ」が有ると思ってます!これに対して「煌びやかな豪華さ」が有るのが「ディズニーホテル」っと思いますね!ホテルの入り口前から「豪華絢爛」の文字がドッドォ~んっと迫って来る様な感じに成りますね。「ホテルミラコスタ」の魅力は、何と言っても「直接シーへ入れる」点ですね!正面玄関(古風に言えば)は外なのですが、勝手口(建築関係風に言えば)を出れば、そこはシーの中なんですな!これです!最強の魅力!兎に角、3ホテルに共通して言える事は、完全に「憂き世」を忘れさせてくれます!さあ、レッツトライ!

 

★悶助のお奨め★

先ずは、「アトラクション」ですが、ランドでは「カリブの海賊」・「イッツア・スモール・ワールド」・「プーさんのハニーハント」ですかね!(私の容姿をご存知の方!けっして、うぇ~っと成らない様に)「カリブの海賊」は、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」が大ヒットしてから、突如「ジャック・スパロウ」が登場したアトラクションですが、暗い中で横に「ブルーバイユ・レストラン」の灯りを観ながらスタートするところは、正に映画のワンシーンそのもので良い感じですよ!次に、シーですが、「インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」・「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」・「センター・オブ・ジ・アース」ですかね!「インディー・・・」は、結構ブンブンっとジープ型のライドが暗い中を飛ばすので面白いですね!「センター・・・」は、日が暮れてから乗るとスリルが増すのと、あの直線急降下の時に綺麗な夜景が観れるのですよ!まあ、「ギャーギャー!」っと叫ぶ方が忙しくって、観るのは一瞬ですが!

次は、「レストラン」&「ショップ」ですな!レストランは、カウンター&ワゴンサービスも良いですが、やはりテーブルサービスのレストランでユックリと食事を楽しむ方がとは思いますね!ランドでは「イーストサイド・カフェ」と「センターストリート・コーヒーハウス」・「ブルーバイユ・レストラン」です!シーでは、「リストランテ・ディ・カナレット」と「レストラン櫻」・「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」ですな!共通して言えるのは、記念ランチはねらい目ですかね!ハロウィンやクリスマス、何周年とか言った時期に必ず記念ランチがレストランで企画されます!毎回、お得感満載の内容となってます!ショップは、これはウィンドゥショッピングみたいにブラブラとお目当てのお店を探すのが良いです!私が行ったら必ず覗くのが、ランドでは「ウエスタンウエア」・「ガラスの靴」・「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」ですね!「ギャグ・・・」では、面白いキャラクターグッズが目白押し!「ガラスの靴」で、一度はランド内で一番高価なお土産「スワロフスキーで作られたシンデレラ城」を拝むのも一興ですね!値段は言いません!実際に現地で観てアゴを外さんばかりにアングリと口を開けて驚いて下さい! シーのショップでは、「アーント・ペグズ・ヴィレッジストア」と「ヴィラ・ドナルド・ホームショップ」ですかね!前者は、ダッフィーやシェリーメイのシー内の他のショップでは無いグッズも有るんですよ!後者は、意外とミッキーよりも主演映画が多いと噂されているドナルドダックのショップ!楽しいホームグッズが満載です!

★エピローグ★

長々と御付き合いして頂きまして、誠に恐縮でした!立地条件からして、完全に「一般社会」から離れた「夢の国」ですな!確かに、家族連れで行くには「それなりの経費」はかかりますが、かかった分以上の「想い出」が得られますよ!では、これにて悶助のディズニーリゾート噺は終了です!

*************************************************************

メニュー10】

皆さんは、こんな気持ちに成った事おまへんか?高架線を走る新幹線を観て・・・・「ああ~何処か行きたいな~!」っとね!私も、良く有りますね!でも、実際に時間や経費の問題が頭を過って、なかなか実現出来ないのが実情ですよね!そんな時は、「地図本と時刻表」で仮想旅行を楽しみましょう!これは、タモリさんも言ってましたが、時刻表や地図で頭の中で実際に旅行へ行ってる気分に浸るのは結構楽しいと!個人的には、全く同感なんですよ!ネット社会に成って、更に所要時間的にもやり易く成ってます!アナログ式に「地図本と時刻表」をめくって、筆記用具とノートで書き込んでいくのも楽しいですが、「地図本と時刻表」もネットで調べられますし、ワード等のソフトで筆記用具&ノート要らず!机とパソコンとネット環境が有れば、無限に仮想旅行が楽しめます!行先を決めて、「路線&乗換方法」を検索してから、各ポイントを詳しく調べていくのです!それをエクセルやワード等でまとめていけば、一つの旅行計画表が完成します!それを元に、ストリートビューなどで「グッグ」っるのも楽しいし、何時か実現出来れば更に楽しいですからね!さあ、レッツトライ!

************************************************************

メニュー11】

たまに、丸一日時間が有る時に、京都市バスの「一日乗車券」を買って「均一料金」のバスを行き当たりバッタリで乗り降りして均一区間内を探訪するんですよね!晴天の場合はカメラ持参で!京都市内の地図本と、カメラと、傘をボディバッグに詰め込んで、気の向くままに市バスで巡る!下車して、街中をプラプラ!意外な発見が有りますな!京都市内は「碁盤の目」状態で道が走ってますから、右左を繰り返すと市バスの路線にブチ当たります!そして、そこから乗車して、また下車&プラプラを繰り返すわけですな!今度は、「市バス&地下鉄一日乗車券」でやってみようかと?更に、時間短縮に依って行動範囲が広がり、楽しさ倍増でしょう!

***********************************************************